« Posts under PC

Fighting Stick SS のUSB化

数年前から家のPCでゲームする際はサターンで使ってたアーケードコントローラー(その筋ではアケコンというらしい)、いわゆるひとつのHORI社製Fighting Stick SSをDPPで利用していたわけだが、最近PCを64bit化したところDPPドライバが存在しておらず、それを知らずにパラレルポートのないマザーじゃDPP用にパラレルカード増設必須じゃねーかJK、と増設カード買ってきて、まんまと64bitドライバなくて愕然としてみたり、じゃあしゃーねえレスポンスあれだけどUSBでいいやしかたがないしなー、などのたまいながら、つかお前そもそもレスポンスなんて問題にならないほど腕の方が追いついてねーだろ的なツッコミはありがたく頂戴しておく所存だが、そんなわけでパラレル-USB変換ケーブル買って帰ってきたものの、よくよく調べてみたらサターン-パラレルコネクタがUSB変換ケーブルに対応してなかったりと、さんざん秋葉原に通ってあげくに空振りを繰り返したため、頭にきたのでUSBコントローラをひん剥いてアケコンに半田付けしてUSB化してやろうというミッションとあいなった。最初から調べてれば同じ結論になって4kくらい無駄にしないで済んだ気がしないでもないが、64bitドライバが出まわればDPP接続するつもりなわけで、それになんというかなんだかんだと秋葉原行く口実を探してるだけな気がしないでもないのであって、だってアキバ最高なんですもの。

ちなみに4K出せば安いUSBアケコン買えてしまうのだが、使い慣れたものが使いやすいということで。以下写真が続くので注意。

»Read More

Windows Home Server 2011 へAndroidでのリモートWebアクセス

昨日こんなことを書いたやつがいます。

なお、メディアストリーミングはSilverlight必須で、Andoroidではどうにもならないというところがちょっぴり残念。でもいったんGalaxyTab君に落としてから見れば良いわけで。

えっと、普通にAndroidからリモートWebアクセスすることはできますが、ダウンロードでこけることが判明しました。昨日ログインできることしか確かめてなかったのです。いけませんね。この現象はモバイルUIでもデスクトップUIでも同じで、Dolphin mini/Opera mini/標準ブラウザ で試したけど全部ダメ。
ちなみに新宿の沖縄料理屋でオリオンビールともずく天と麩チャンプル食べながら、携帯とタブレットなど二人で6台くらい並べてがしがしオラオラと切り分けしてました。

んで結論から言うと、ブラウザでオレオレ証明書(信頼されていない証明書)サーバへの接続は意思確認のうえで実施可能です。しかし、Androidの多くのブラウザは、ダウンロードの処理をDownload Manegerというシステムサービスに処理を渡してるらしく、そんでこいつが信頼されていない通信をしたがらず、しかも無言でつながらないだけという素敵な仕様っぽい。(http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=3492)

なんつーか、つながないのはセキュリティの観点からありかもしんないけど、せめて理由のエラーくらい吐いて欲しいし、意思確認ダイアログで突破可能でも良いような気がしないでもないけど、これは利便性をとるか安全性をとるかというシステムの設計思想だと思うので、そうだと言われればまーしゃーないとしか言いようがない。 ブラウザ作る側からしてみればシステムが用意してくれるサービス使うほうが手間がかからないし当然つかうよね。

だったらダウンロード処理をアプリ内で実装してるブラウザを探せ!ということで、(先のURLの最後にもあったけど)Firefox で試したらダウンロードできました。、

WorkAround:AndroidからWHSへファイル取得目的で接続するときはFireFox使う

ほかにもいけるアプリがあるかも。つーか誰かWHS専用ブラウザ作ってくれないかなSilverlight込みで(お前が作れ)。
このままだとWindows Phone買ってしまいそうだ。囲い込み戦略ってすげー。

その他メモ。

  • “https://xxx.xx.xx/m“でモバイル版に戻れる
    (AndroidでアクセスするとUAみて自動でモバイル版の画面にしてくれる。一方でログイン画面にPC版へのリンクがあり、そこからPCでみたときと同じ画面にしてくれるて、その後はデフォルトでPC版になってくれるのだが、しかし戻りのリンクは一切案内されず、モバイル版に戻る方法を忘れがちなので、忘れたとき用のメモ)

Windows Home Server 2011 のリモートWebアクセスが便利すぎ(そうっぽく)てつらい

  • WHS ってなにができるの?
  • マザー不良っぽい挙動がみられるんだけどんなんだろう(Verifying DMI Pool Data 頻発)
  • 仮ケース仮電源状態だからケース入れ替えないといけない
のつづき。

Windows Home Server 2011をSSDに

試験受けるにあたり、マザーボードとCPUとメモリを買った。うちのPCはすでに起動率が50%になっており、Ciscoのエミュレータを動かすには不安があったからだ。試験のための投資として購入した。MPLSにあっさり受かったのでさっそく遊んでみることにする。

ちなみに買ったのは880GM-D2HとFX6100。メモリはTEAMの8GB。
PC師匠がAMD好きなのでいつもAMDの怪しい構成になる。前回もOpteronだったし。。
OSはタイトルのとおりDSP版のWHS2011にしてみた。理由は安いから。あとはいろいろおもしろそうじゃん?(師匠談)

早速持ってた64GBのSSDにいれようとしたら、エラーがでてインストールできず。調べたら160GB以上のストレージ必須とか。えー。試験用に買ってきたのにー。しかたないので持ってた32bitOSをインストールしてCiscoシミュ環境作ってMPLSコマンド叩きまくって受かってきました。さくさく起動だったので試験直前にあわてて確認とかできてすばらしかった。SSD最高。

で、WHSのインストール。

250GBのHDDにインストール→SSDにパーティションごとコピー

でうまくいくとおもったけど、まずWHSのインストールでつまずく。ネットワークにつながらないとインストールできない仕様=NICドライバが必要なタイプのマザボでつまずく。ほかのPCでNICドライバ落としてきて展開したものをUSBメモリに書き込み、WHSの「NIC認識できないエラー」状態で「ネットワークドライブにインストール」を選択すると、デバイスマネージャぽい画面になるので、そこでNICドライバをインストールして、再起動すると先に進める。

で、その後はインストール→パーティションコピーでいいはずなのだが、何か間違ったらしくSSDブートしなかったので、いったんHDDブートしてツール使ってSSDのMBRを修復。これでよし!と思ったら、起動してログインはするが中身がからっぽ的状態(ログインするとserver2008R2と出る)。どうやらドライブレターの問題で、SSDが起動したとき自身がCドライブでマウントしていないのに、レジストリ関係がCドライブのままで動こうとしてるぽい。この問題はドライブレターをCにもどせればいいのだが、HDDブートでは修正不能なので(HDDのOSがCドライブで動いてるから)、いったんSSDブートで起動状態(ログイン画面で良い)にして、他のPCからネットワーク越しに mount deviceのレジストリを変更。んで無事起動。半日以上費やしましたとさ。

しかしSSD起動超はええ!メモリ8GB!で、

今後の課題:

  • WHS ってなにができるの?
  • マザー不良っぽい挙動がみられるんだけどんなんだろう(Verifying DMI Pool Data 頻発)
  • 仮ケース仮電源状態だからケース入れ替えないといけない