« Posts under 日記

BABYMETAL まとめ

どう考えてもサマソニベストアクトだったBABYMETALについて。

BABYMETALとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/BABYMETAL

動画
http://www.youtube.com/watch?v=i4xG7Jw2QVw

http://www.youtube.com/watch?v=W-2Z_kQpdW0

http://www.youtube.com/watch?v=2IzR_ClTE8Y

http://www.youtube.com/watch?v=nDqaTXqCN-Q

http://www.youtube.com/watch?v=cK3NMZAUKGw

 

NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135808185677353501

公式
http://www.babymetal.jp/

もし動画を観ても何も感じない方はスルーしてよろしいです。はんぱねえ。

 

VMとかCent6とかメモ

検証環境を快適に作るためVMwareとかサーバとかいじってるので忘れないうちにメモ。あくまでメモなので注意。

»Read More

Summer Sonic 2013

転職直後ですが翌日は有給も取れて万全の体制ですから、サマソニ2days行きます。逝ってきます。

転職

転職しました。依然としてITですが。

システム監査試験結果

システム監査試験結果。

平成25年度 春期   システム監査技術者試験  成績照会

受験番号  AU207-0*** の方は,   合格   です

午前Ⅰ得点
91.80点
午前Ⅱ得点
80.00点
午後Ⅰ得点
65点
午後Ⅱ評価ランク
A

 

満点,合格基準は次のとおりです。
時間区分
満点
基準点
午前Ⅰ試験
100点
60%以上
午前Ⅱ試験
100点
60%以上
午後Ⅰ試験
100点
60%以上
午後Ⅱ試験
ランクA 

 

うっわ午後Iあっぶねえ。でもま、合格は合格。

cisco catalystのポートLEDがオレンジと緑で点滅

リンク状態が悪いってこと。ケーブル不良とか。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT2950SWT/IG/002/6156_01_1.html?bid=0900e4b1825ae536#55402

客先行った際に目の当たりにした。、よそが入れたシステムだったけど、みたことのない光り方だったかから気になって思わず調べてもうた。国内でUTPケーブルの不良ってなかなかないと思うので、珍しい物見た気がする。一応お客には教えてあげといた。

GW

ゴールデンウィークは普通に暦どおり休みでしたが、多摩動物公園行ったのと近所の公園でピクニックした以外では、基本引きこもって、本読んだりビデオ見たり音楽聴いたりしつつ、こどもとどうぶつ将棋で負けたり勝ったり負けたりしてるうちに、ひとつだけ歳を取って終わりとなりました。あ、あと人んちに酒飲みに行ったりしたな。

今日のどうぶつ将棋は4戦4敗でした。あいつらまだ良くわかってないくせに……これはあかん!(ものすごい将棋弱い)

出会いと別れ

長く生きていれば、考えてもいなかったような出会いや、信じられないくらいつらい別れとか、人それぞれいろいろあるけど、だから人生っておもしろい。

関係ないけど、パンスプ2013いきます。WeezerとかNOFXとかあるけど、完全にマンウィズ目当てですガウガウ。フラーイアゲーン!いえー、いえおー!

 

病むということからの

最近、体罰とかいじめとか自殺とか丸刈りとか、そういった社会と心の問題がいろいろと世間をにぎわせてるところ、オレが思うことは、人というのは多少なりとも病んでいる必要があるのではないということです。それは、自分という個人と、社会やコミュニティといった自分が所属しなければならない(するべき、したほうが都合の良い)共同体との間には、かならず思いの違いや理解不能で納得のいかないことがあるわけで、それでもその共同体の一員としてやっていこうとするためには、そういうものと折り合いをつけるために、心のある部分を病ませる必要があるのではと思うわけです。

そもそも共同体の一員であり続ける必要があるのか、という判断が正しく望ましくできていれば大きく病むことはないと思うわけですが、それでもその判断に至る過程で、心の中でいろいろなものを捨てたりしぶしぶ受け入れたりして、そのことで心を傷つけていきます。そういった行為は、自分にとっては自覚の有無はあるにせよ間違いなく心の負担になるわけで、負担を自らにかけ続けることへの不安や恐怖から自分を守るために、「病む」ことで鈍感になれるのではないかと考えます。必要以上にはしゃいだり、思考停止したり、わざとルールから逸脱して快感を得たり、といったことで、こころのバランスをとるイメージです。

鈍感になれば、取捨選択それ自身の痛みは残るものの、痛むことを不安に思う度合いが小さくなり、ストレスが減るため、共同体の一員としてやっていくことについての不安が減少しますから、共同体の一員であることをやめるといった判断もしない傾向になりそうな気がします。その結果、より鈍感になる必要が生じ、さらに病んでいく、という負のスパイラルなのかもしれません。

また、病むことそれ自体を問題としてしまうと、「病んでいる=得体が知れない、狂ってそうで怖い」、といった恐怖が嫌悪感となり差別的議論へ進んでしまうわけで、良いことではない気がします。人間は少なからず病むのだから、ほどよい病み方や病み具合をするためにどうすればいいか、具体的にどのようにトレーニングすればいいか、病みすぎた人をどう救うか、といった考え方が必要ではないかと思います。

今のところ自分にはその具体的アイデアはありません。無責任ではありますが、専門家の方に期待します。

その代わり、少し脱線しますが、ITによるシステムの設計や運用にかかわる人間として、少し違った目線で思うことがあります。

»Read More

Minecraft

いまごろMinecraftやり出した件。

http://minecraft.net/

動画はこの辺

http://essaysinidleness.net/news/movie/youtube-movie/20110228235517.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186707281

いやこれ掘ってるだけでもくっそおもろいなー。子どもにやらせたい。