« Posts under 勉強

ここ数か月から1年で取らないといかんまたはいかんそうな資格一覧

ただのメモです。

  • CCIE(更新)
  • 安全確保支援士(更新、講習のみ)
  • 会社の資格
  • AWS solution architect
  • CCSK v4.0

ゲーミングPC組んでPUBG/Fortniteも始めたし、スプラは相変わらず楽しいし、スマブラも出るし、これは死ねる(確信)

Nintendo SWITCH

先週のことである。うっかりタイミングよく任天堂のサイトにアクセスしたらお届け可能だったので、スイッチをポチってしもうた。12:40ごろがお勧め。だってあまりにみんながスイッチのゼルダがやっべー歴代一番やべーとか、人によっては過去のゲームのなかで一番やべーとか言うんですものしかたないよね。子供のために1・2・SWITCHも買ったし。こっちもそこそこ楽しみ。

そんなわけですから、ゲーム付けの日々が容易に想像ができてしまうのであって、これはまずいとあわてて今年の目標だった自社の資格試験取得をめざし集中して勉強し今週無事合格。ありがとうSWITCH。

あれに受かった話をしよう

あれに受かったった。R&S。さすがにかなり大変だった。試験内容書くわけにも行かないので、あまり参考になることは書いてないと思うが、まあ一応メモとして。

自分が取ったからって言うのではないけれど、はっきり言って誰にでも取れる類の資格ではないと思う、さすがに。技術力とか理解力とかそういうスキルもあるけれど、そういうことよりも、数ヶ月勉強に集中することが許される環境、その間のやる気の維持等、周囲の理解を得ることやセルフコントロールができない方に取得は難しいと思う。

この半年で集中して受かったわけだけど、実際にはその前の10年間の勉強や経験がかなり有効であったと思うので、CCNP取ってから10年ほどかけて取った、という見方がきっと適切なんだと思う。

ここまでのお遍歴

  • ネットワークエンジニア10年
  • CCNA,CCNPはIT系に転職した9年前に独学で取得済み。なお、CCNAは1000点だった模様(自慢)
  • 当初社内ヘルプデスクでネットワークやサーバの基礎、保守運用を2-3年ほど学び、その後キャリアのSI業務でネットワークの設計構築を経験。
  • CCNPの更新をする際、 QoS,BGP,MPLS の試験のでした。いわゆる642-xxx。つまり、この辺はある程度しっかり過去に勉強してるということ。また、いわゆる旧CCIPの範囲で、CCNPもってればCCIPになるはずだが、数年置きにに受けたため受験期間が空きすぎてCCIPの取得とはなっていない。
  • その他経験:
    • 運送屋(猫の黒いの)バイト時台含め8年程度
    • 宅配のクリーニング屋 3年程度
  • その他資格:
    • テクネ(情報処理系)(前のネスペ)
    • 情報セキュリティスペシャリスト(情報処理系)
    • ITサービスマネージャ(情報処理系)
    • システム監査技術者(情報処理系)
    • フォークリフト運転者
    • 職長/安全衛生責任者
    • そろばん5級(中途半端)(なお小学生の娘はすでに4級。。。)
    • ヤマハピアノ検定8級(中途半端)
    • CCIE written は 昨年秋 にpass

CCIEに関連しそうなのは、CCNA/CCNPが完全に独学であることと(なんとかkingにまったく頼らずむしろ実機買った)、QoS,BGP,MPLS の試験をpassしており、それなりに勉強済みという点。特に後者は試験範囲的にかなりのアドバンテージと言える。

»Read More

How to Troubleshoot the MPLS VPN

http://www.cisco.com/c/en/us/support/docs/multiprotocol-label-switching-mpls/mpls/13734-mpls-vpn-tsh.html

IOS.sh

Configuration Guides >> Network Management Configuration Guide Library >> Cisco IOS Shell

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios-xml/ios/ios_shl/configuration/15-mt/ios-shl-15-mt-book.html

»Read More

DMVPN with NAT

In that case, you have to pay attention on IPsec encap mode…

 

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios-xml/ios/sec_conn_dmvpn/configuration/12-4t/sec-conn-dmvpn-12-4t-book/sec-conn-dmvpn-dt-spokes-b-nat.html

NHRP Registration

When an NHRP registration is received, the hub checks the source IP address on the encapsulating GRE/IP header of the NHRP packet with the source NBMA IP address, which is contained in the NHRP registration packet. If these IP addresses are different, then NHRP knows that NAT is changing the outer IP header source address. The hub preserves both the pre- and post-NAT address of the registered spoke.

Note

If encryption is used, then IPsec transport mode must be used to enable NHRP.


 

Let’s see this behavior.

1) show ip nhrp output in transport mode DMVPN.

Router-NHS#sh ip nhrp
10.10.10.1/32 via 10.10.10.2
Tunnel0 created 00:16:58, expire 01:43:02
Type: dynamic, Flags: unique registered
NBMA address: 1.1.1.1
(Claimed NBMA address: 192.168.1.1)

NHRP realize the IP address is changed by NAT (192.168.1.1 to 1.1.1.1).

2) show ip nhrp output in tunnel mode DMVPN.

Router-NHS#sh ip nhrp
10.10.10.1/32 via 10.10.10.2
Tunnel0 created 00:00:11, expire 01:59:49
Type: dynamic, Flags: unique registered used
NBMA address: 192.168.1.1

 

In the Case(2), NHRP believes the packet is not NATted since the original IP header is encapsulation and not changed. Therefore, original local(before nat) address is used as the NBMA address.

uRPF – Unicast Reverse Path Forwarding

 

interface FastEthernet 0/0
ip verify unicast source reachable-via {rx | any} [allow-default] [allow-self-ping] [list]

http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/unicast-rpf.html

ip alias with NAT

https://supportforums.cisco.com/ja/document/100311

まず Cisco Router での IP Alias 機能とは、設定を行なった IP Address について
Router にて Ping 応答等を行なう機能となります。この IP Address は local の
network/subnet に属する必要があります。下記コマンドにて設定できます。

ip alias
http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/termserv/command/reference/tsv_a1.html#wp1027063

NAT における Alias 作成は、Insiobal や Outside Local のように仮想的な Address に対して、Router 上に該当 Address と同一 IP subnet をもつ Interface がある状況に対応するためで、Alias の作成を行い、ARP に応答します。

なお no-alias option は default で disable のため、default では alias が作成されます。

No Entries in the ARP table
http://www.cisco.com/en/US/tech/tk648/tk361/technologies_tech_note09186a0080094c32.shtml#ar

AutoInstall Process Flowchart

It is placed in Configuration Fundamentals Configuration Guide on CCO.

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios-xml/ios/fundamentals/configuration/15mt/fundamentals-15-mt-book/cf-autoinstall.html#GUID-FD029ACF-FC65-4E72-97D8-81FB2F14C6BC

EIGRP SoO

ここみとけ。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios/12_0s/feature/guide/s_mvesoo.html

IFに設定したSoOのチェックは、そのIFでupdate受信したときだけじゃなくて、vpnv4 BGP から EIGRP に redistriutes されるときにもされてると。ふむ。

CEの Backup link にこれを設定するとき、カスタマーサイトなのに ip vrf コマンド使うのに違和感がある。しかしその違和感があるだけに忘れなさそう。